冷凍王子・冷凍生活アドバイザー 西川剛史
『冷凍』から健康で豊かな食生活を提案!
冷凍王子・冷凍生活アドバイザー 西川剛史『冷凍』から健康で豊かな食生活を提案!

日本初の【冷凍レシピコンテスト】を10月18日(冷凍生活の日)開催!

ベフロティ代表、冷凍生活アドバイザー養成講座 監修・講師である西川 剛史を発起人とし、資格講座の運営を行なっている日本野菜ソムリエ協会(所在地:東京都中央区、理事長:福井栄治、以下協会)は、

日本初の【冷凍レシピコンテスト】を開催いたします。

(冷凍レシピコンテストのリリースについてはこちら


令和元年を冷凍元年ととらえ、冷凍の「凍(とう=10)」(10月)と冷凍の保存・流通温度である“-18℃以下”にちなんで、10月18日を「冷凍生活の日」と定めました。

この初回に当たる本年10月18日(金)に記念イベントとして、冷凍レシピコンテストを開催いたします。
さらに、毎月18日を「冷凍について考える日」とし、冷凍生活というライフスタイルを推進すべく、ご家庭で冷凍庫の整理や冷凍の活用について考えていただくための啓蒙活動を行っていきます。

 

今回のコンテストは協会が認定している「冷凍生活アドバイザー」の資格を有する方を対象に、食品の冷凍テクニックとその冷凍食材を使用したレシピを募集し、優秀レシピを表彰するものです。

最優秀者には協賛いただいている旭化成ホームプロダクツ株式会社より

ジップロック®フリーザーバッグ1年分などが贈られるほか

Facebook等当協会各種媒体で入賞レシピを紹介します。

冷凍することは保存期間を延ばす、無駄を無くすだけでなく、作り置きして時短に繋げる、冷凍すると食感が面白く変化する、栄養価がアップする食材があるなど、冷凍ならではの効果が期待できるのも魅力のひとつ。冷凍生活アドバイザー達の知識を活用したオリジナリティー溢れる作品の登場にご期待ください。

 

【冷凍レシピコンテスト概要】

開催日時: 2019年10月18日(金)10:18~13:00
(※令(冷)和元年10(とう凍)月18(-18℃以下)日に合わせて)
開催場所: 日本野菜ソムリエ協会 築地教室
(東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7階)
参加費 : 3,000円(税込)
内容(予定):

1. 冷凍レシピコンテスト 最終選考
2. 冷凍生活アドバイザー講師 西川剛史先生による講演
最新の冷凍テクニックや冷凍生活のおススメポイントについて
3. 懇親会

募集内容: 食品の冷凍テクニックとその冷凍食材を使用したレシピ
応募資格: 冷凍生活アドバイザー資格取得者
審査方法: 応募締切は9月14日(土)。
9月下旬に応募作品から一次選考を行い、10月18日(金)の記念イベントにて一次通過入賞者プレゼンテーション後、参加者と特別審査員による投票により
順位を決定。

応募要領は http://enjoy-freezing.com/doc/recipe_contest.pdf をご覧ください。

※メディア取材ご希望の場合は別途お問合せください(参加費はかかりません)。

 

【冷凍生活アドバイザー養成講座 監修・講師 西川剛史 氏 プロフィール】

協会の冷凍生活アドバイザー養成講座の監修・講師を担当しているのはベフロティ株式会社 代表取締役の西川 剛史(にしかわ たかし)氏。野菜ソムリエプロの資格を持ち、今回のコンテスト特別審査員も務める。

冷凍食品の商品開発などの経験を生かし、現在は冷凍専門家として活動中。冷凍王子としてテレビ番組「TBSマツコの知らない世界」「NHKごごナマ」「TBS教えてもらう前と後」など、テレビ、雑誌などに多数出演。冷凍食品開発コンサルタントとして、地方の優れた食材を使った冷凍食品の商品開発にも精力的に取り組んでいる。 常に冷凍を切り口にした新しい活動や事業を積極的に行っている。著書に、「もっとおいしくなる超・冷凍術」(洋泉社)。

 

(西川先生考案の冷凍レシピ例)

・冷凍野菜ジュースのシャリシャリ豚しゃぶサラダ

・冷凍豆腐のジューシーから揚げ

・冷凍卵の黄身の醤油漬け

 

【イベント報告】

開始時刻は、10月18日の午前10時18分! 「18」の数字にもちろんこだわります!

カウントダウンをして、みんなで「3、2、1、れいとう〜」コール!

盛り上がって開会しました。冷凍生活の日記念、始めよう、極めよう「冷凍生活」イベントです。

審査をくぐり抜けた10名の発表者が、順番に冷凍レシピを発表します。

すばらしい冷凍レシピばかりでした。

入賞者の皆様です!

そんな中、優勝したのは・・・

第1位に輝いたのは、札幌から参戦の土方夕暉さん(写真中央)。

冷凍レシピは「美味しい・ヘルシー・超かんたん! ムネ肉ふっくら 秋の発酵美肌鍋」です。

土方さん「下味冷凍で鶏ムネ肉がしっとり、米麹・塩・水を加え酵素の力で、ジョキジョキとタンパク質が分解されます」などなど、超簡単であることが超わかりやすいプレゼンテーション。

凍ったままお鍋で煮るだけの、簡単レシピなのも良かったですね!

 

2位は東京・勝どきで料理教室を開いている根本早苗さん(写真右側)。

レシピは「カブと柿のカナッペ」

スライスしたカブを冷凍して解凍すれば、塩もみしなくてもしんなり柔らかくなります。冷凍をうまく活用し、しかもとても「映え」る料理ですね。冷凍のおかげで、簡単にオシャレな料理が作れます!

 

3位は静岡で農家さんをされている神尾かほりさ ん(写真左側)。

レシピは「トマトとベーコンのリゾット風~ 加熱のみでできる本格時短レシピ~」

ご飯の新しい冷凍方法ですね。具材をジップロックに詰めて、そのまま冷凍!あとは電子レンジかフライパンで加熱するだけ。素材の美味しさが冷凍のおかげで引き立ちます。

本当におめでとうございます!

イベントの後には、私から冷凍メニューを使った懇親会は開かせていただきました。

今後も冷凍の魅力を発信すべく、熱い話がされましたね。

 

(以下の媒体で紹介されました)

食品産業新聞社

冷凍食品エフエフプレス

日本食糧新聞

・冷食タイムス 他

 

■冷凍生活アドバイザーとは

食品を賢く冷凍することで、美味しく健康的で豊かな食生活を実現する人です。
冷凍を賢く活用する冷凍生活には、3つの特徴があります。

  • 美味しく: 美味しく栄養素も維持したまま長持ちさせる
  • 無駄なく: 使い切れない食材の保存ができ、食品ロスを減らせる
  • 簡単便利: 作り置き冷凍で日々の調理時間を短縮できる

冷凍することで食品ロスを無くしたい、調理時間を節約したい、効果的に栄養摂取したい方におすすめの知識・資格です。

冷凍生活アドバイザー養成講座は、2016年8月に開講。3年間で約260名の修了生を輩出しています。食品を冷凍することで起こる現象とその活用方法を理解し、手軽に健康で豊かな食生活を実現できるようになることを目的とし、冷凍に関する知識を理論的かつ体験的に学びます。

 

■一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会について

創立: 2001年8月7日  理事長: 福井 栄治

所在地: 東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7階

「食を日常的に楽しめる社会の創造」のミッションの下、野菜や果物の魅力や価値を生活者に伝える野菜ソムリエを育てるほか、冷凍食材の優れた点や活用方法などを習得する学びの場を提供しています。

 

 

 本件お問合せ先: 日本野菜ソムリエ協会 広報

東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7階  TEL(03)6278-8829 FAX(03)3541-1337

URL:https://www.vege-fru.com/ E-MAIL:koho@vege-fru.com

 

2018 © ベフロティ株式会社.