SARAYAサラヤ株式会社冷凍新事業発表記者会見

本日、SARAYAサラヤ株式会社(更家悠介代表取締役社長)の「コールドチェーンが創る新バリュープロジェクト」発表記者会見に招待していただきました。

サラヤ株式会社は洗剤や消毒用アルコールなどの開発・販売されている会社で、家庭向けの商品としては「ヤシノミ洗剤」などを販売されております。そして、サラヤは特に食品衛生に力を入れられており、食品工場や飲食店などへ洗剤や消毒液なので販売はもちろん、HACCPなどの導入アドバイスなど、衛生に関する全面的なサポートを行っております。日本の食品安全の土台づくりに非常に貢献されております。

その衛生のサラヤがこの度新事業として、コールドチェーンが創る新バリュープロジェクトを立ち上げました。
衛生コンサルで培われた食品工場の適正化をベースにしながらも、生産、加工、そして冷凍、販売までトータル的にサポートします。

その中でも、特に「ブライン式凍結機ラピッドフリーザー」の販売をスタートさせます。ブライン凍結は0℃以下でも凍らないブライン液と呼ばれる液体を使い、効率よく食品を冷やすことができる凍結方法です。以前は食塩水や塩化カルシウム水溶液などが使われていましたが、近年はアルコール溶液が多く使われております。アルコールに強みを持たれているサラヤだからこそ、このブライン式凍結機も生きてくると思います。

今回のサラヤのプロジェクトには東京海洋大学食品冷凍学研究室の鈴木徹教授が、冷凍学に基づいた科学的知見を提供されるとのことです。さらに、株式会社えだまめ(成田社長)も、冷凍に関わる食品開発のコンサルタントやブランディングなどで協力されます。
力強いバックアップのもと、事業を進められます。

私は特に「地方から日本を元気にしたい」というサラヤの考えに共感しました。
今後とも応援していきたいと思います。
この度はご招待いただき、ありがとうございました。

ベフロティ株式会社
代表取締役社長
冷凍食品開発コンサルタント
西川剛史
URL:http://vefroty.co.jp/